スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イージス艦無罪確定

いささか旧聞に属するようで恐縮ですが、2008年2月に千葉県房総半島沖で海上自衛隊のイージス艦「あたご」がマグロはえ縄漁船「清徳丸」に衝突、沈没し漁師親子が死亡した事故で、業務上過失致死罪などに問われ、海難審判で責任を問われた同艦の2名の当直士官が一審、二審で無罪となりましたが、東京高検は去る6月25日に上告を断念し、両被告の無罪が確定したというニュースを大変喜ばしく思います。
私は一昨年の5月にこの問題に関するコメントをこのブログの掲載していますが、沈没した漁船の僚船の報告ばかりを聞き、自衛隊バッシングを繰り広げた大手マスコミは恥ずかしくて何も言えないらしく、一審判決のときと同じく、このニュースを黙殺しています。彼等が大好きな刑事被告人の人権や推定無罪の原則はどこへ行ってしまったのでしょうか?
マスメディアに誘導された世論に阿って、事実を見誤った海難審判所、検察庁、そして被告を解任し漁船員の遺族に謝罪した当時の防衛大臣(現自民党幹事長)にも問題がありました。しかし、この国の司法は捨てたものではないと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。